砺波(となみ)チューリップフェアの見頃 混雑状況とアクセス 駐車場 入場料金を解説

砺波チューリップフェアはご存知でしょうか?
砺波(となみ)は富山県にある市であり、こちらで開かれる砺波チューリップフェアは、
毎年多くの観光客が訪れる人気のイベントとなっています。
しかし砺波チューリップフェアの見頃や混雑状況やアクセス、駐車場などなど、
気になることは多いですよね。

ここでは砺波チューリップフェアについて詳しく解説をしていきたいと思います。

[adchord]

砺波チューリップフェアの見頃 混雑状況とアクセス 駐車場 入場料金を解説

砺波(となみ)チューリップフェア

それでは砺波チューリップフェアについて解説をしていきます。

砺波チューリップフェアは富山県砺波(となみ)市で毎年開かれています。

[adchord]

砺波(となみ)は富山県西部の内陸部に位置しており、人口5万人ほどの小さな町です。

高岡市や富山市などにアクセスが良く、
北陸自動車道や党北陸自動車道が交差していることから、
市街地へのアクセスが良いため、郊外型の大きなショッピングモールも多いです。

また庄川温泉郷と呼ばれる温泉街もあり、多くの観光客が訪れます。

そんな砺波(となみ)で開かれるのが砺波チューリップフェアです。

砺波チューリップフェアは国内最大規模の花の祭典であり、
チューリップの品種としてはなんと700品種、
そして300万本物チューリップを鑑賞することができるお祭りです。

国内からの観光客だけでなく、世界中から観光客が訪れるそのお祭りは、
ぜひ実際に訪れてみたいですね。

砺波チューリップフェアの開催期間は毎年4月後半からGW明けの期間となっています。

ちょうどチューリップが見頃を迎えるシーズンとなっており、
砺波チューリップフェアではチューリップによる地上絵であったり、
水上花壇など凝った演出でチューリップを楽しむことができます。

そんな砺波チューリップフェアですが、混雑状況としては、毎年やはり混み合います。

国内最大規模のチューリップの祭典であることに加えて、
GWの行楽シーズンに開催されます。

またそれに加えてこどもの日は子供の入場料は無料となっているので、
開催期間中の中でも特に混み合います。

もし砺波チューリップフェアの混雑を避けたいという場合ですが、
その時は開催期間中の平日に行くのがおすすめです。

アクセスですが、車で会場にアクセスをする場合ですが、
北陸自動車道砺波ICから車で5分ほどのアクセスになります。

会場は砺波チューリップ公園です。

住所は富山県砺波市中村100-1です。

カーナビを利用する際には上記の住所を入力しても構いませんし、
「チューリップ四季彩館」で検索をしても大丈夫です。

駐車場は会場に3700台ほど停められるスペースがあります。

料金は普通車で500円、マイクロバスで1000円、大型バスは2000円となっています。

ただ、それでも砺波チューリップフェア期間中は、
渋滞や駐車場に停められないこともありますので公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

砺波チューリップフェアはJR城端線砺波駅から徒歩15分ほどになっています。

砺波チューリップフェア開催期間中は無料でシャトルバスも運行されますので、
そちらをぜひ利用しましょう。

砺波チューリップフェアへの入場料は大人1300円、子供が200円、小学生以下は無料です。

そして上記の通り、こどもの日は子供は無料となっています。

ですのでうまく混雑を避けた上で砺波チューリップフェアを楽しむようにしてくださいね。

[adchord]

砺波チューリップフェアのイベントが知りたい!

砺波(となみ)チューリップフェア

砺波チューリップフェアですが、チューリップが見られるだけでなく、
他にもイベントももちろん開催されます。

では砺波チューリップフェアではどんなイベントが行われるかも解説をします。

・吹奏楽パレード

会場内では地元の学生による吹奏楽の音楽隊パレードが行われます。

息を合わせて演奏しながら歩く姿は見ていて楽しくなってきますね。

・民謡

ステージと広場では子供達による民謡やチューリップ踊りを見ることができます。

子供達が頑張って踊る姿は可愛らしいですね。

・ジャズ

野外ステージではジャズ演奏も行われます。

大人なジャズを聞きながら散歩をすれば、まるで外国にいるような気分になりますね。

・ワークショップ

メインの会場の公園内や、公園内の施設であるチューリップ四季彩館では、
随時ワークショップも開催されています。

砺波チューリップフェアらしい、チューリップを使ったワークショップであり、
花かご作りなどを楽しむことができます。

また押し花作りなどもできますので、子供達の思い出にも残りますね。

このように砺波チューリップフェアでは様々イベントが開かれています。

花を見るだけでなく、ぜひイベントも合わせて楽しむようにしてくださいね。

[adchord]

砺波チューリップフェアの見頃 混雑状況とアクセス 駐車場 入場料金を解説のまとめ

砺波チューリップフェアについてはお分かりになられたでしょうか?

砺波チューリップフェアは毎年GWの時期に開催をされ、期間中は大変混雑をします。

駐車場も完備はされていますが、できたら公共交通機関を利用したり、
平日に行った方が混雑は避けられるでしょう。

砺波チューリップフェアは花を見る以外にも様々なイベントも開かれます。

2020年はご時世により砺波チューリップフェアは中止をなってしまいました。

ただ2021年は1月現在では開催予定ですので、
ぜひ今年は砺波チューリップフェアに訪れてみてはいかがでしょうか?

こちらも読まれています↓↓
⇒⇒ひたち海浜公園のネモフィラを見たい!2020年混雑予想と駐車場情報などまとめ