愛知の海釣りで冬のおすすめスポット4選

愛知の海釣りで冬のおすすめスポット

釣りって楽しいですよね。

のんびり自然に任せて釣りをするのもいいですし、
大物を求めて遠出をするのもいいでしょう。

また、季節に合わせて釣れる魚も変化するので、
その都度楽しむこともできます。

ただ冬になると、水温が低くなり、魚の活性も下がるので、
どうしても釣れる魚は少なくなります。

ですので、基本的には冬は海釣りのシーズンオフになります。

しかし、そんな冬でも魚が釣れないことはありません。

ここでは愛知の海釣りで冬のおすすめスポットを紹介します。

[adchord]

愛知の海釣りで冬のおすすめスポットその1:大野港

愛知の海釣りで冬のおすすめスポット

まず前提として、上記の通り冬は海釣りのシーズンオフになります。

回遊魚は沖合いに移動をしていますのでなかなか釣れないですし、
キスやハゼなどのチョイ投げで楽しめる魚もシーズンオフになります。

そうなると狙い目になるのが根魚です。

根魚はテトラの隙間や堤防の壁際で身を潜めていて、
あまり動かない魚になります。

カサゴやハタ、マゴチなどの魚が挙げられます。

それらの魚が狙えるおすすめスポットを紹介していきます。

まずはじめに紹介するのは愛知県常滑市にある大野港です。

大野港は小さな漁港ですが、その分漁港全体が釣りスポットになっていて、
季節に合わせた多様な魚を狙うことができます。

夏にはアジやサバなどの回遊がありますし、秋にはのんびりハゼ釣りも楽しむことができます。

そして漁港全体が釣りスポットであり、テトラポットなどの障壁も多くあります。

ですので、それら付近をくまなく攻めていけば、冬でも根魚を釣ることができます。

根魚を狙う場合は魚が動いてくれないので自分が動く必要があります。

冬の釣りはなかなかきついですが、なんとか魚を釣り上げてくださいね。

[adchord]

愛知の海釣りで冬のおすすめスポットその2:蒲池港

愛知の海釣りで冬のおすすめスポット

続いて紹介するのは蒲池港です。

こちらも常滑市にある小さな港ですが、周辺は鬼崎漁港と呼ばれ、
その陰に隠れる形で穴場的な港になっています。

小さい漁港ですので、釣れないと思いきや多くの釣果も上がっております。

海底は砂浜になっているので、夏にはキスを狙うことができます。

そして小さい港で障壁も多くテトラポットも多くあるので、
こちらもそこに根魚が潜んでいることが多いです。

そこを狙っていきましょう。

根魚を狙う場合、竿が長いと逆に不便ですので、
根魚用の短い竿を使うのもありです。

むしろ竿を使わないで、糸と餌だけでも釣ることができます。

このような釣りの仕方を穴釣りというのですが、
その場合はとにかく足場に気をつけるようにしてください。

もし可能でしたら昼間に釣り場の確認をしておいて、
安全を確かめておくのも良いでしょう。

[adchord]

愛知の海釣りで冬のおすすめスポットその3:冨具崎港

愛知の海釣りで冬のおすすめスポット

続いて紹介するのは知多半島の南部にある冨具崎港です。

知多半島自体が愛知県の中でも屈指の釣りスポットになるので、
ぶっちゃけどこでも一年を通して何かしら釣りをすることができます。

ただその中でも人気なのは富具崎港になります。

冨具崎港は整備された漁港であり、足場もしっかりしているので、
釣りをするにも非常にやりやすいです。

堤防の壁際を歩きながら釣るへち釣りに向いています。

そして冨具崎港にはトイレや釣具店、売店もあるので、
そちらで情報や餌をすぐに買うことができます。

潮通しの良い港ですので、冬の根魚以外にももちろん夏には
回遊魚を狙うことができます。

知多半島の南側になると車でのアクセスが主になるので、
サクッと釣りに行くことは難しくなります。

しかし、その分港などの漁場もたくさんあるので、
自分のお気に入りのスポットを見つけるのも楽しいですよ。

[adchord]

愛知の海釣りで冬のおすすめスポットその4:日間賀島

愛知の海釣りで冬のおすすめスポット

続いて紹介するのは三河湾に浮かぶ島、日間賀島です。

知多半島の先端である師崎から高速船で10分ほどにあり、
小さな有人島になっています。

日間賀島ではトラフグやタコが有名でありそれ以外にもマリンレジャーや。
豊富な海産資源を楽しむことができます。

そんな日間賀島ですが、離島ということで、アクセスは高速船のみです。

ですので釣り人も少なめになるのですが、逆にいえば離島ですので、
島全体が釣りスポットになっています。

日間賀島の場合は名物が釣りと言ってもいいぐらいのレベルですので、
冬でも根魚に限らず何かしらの魚を狙うことができます。

アクセスという面では少し大変ですが、離島での釣りというのは、
釣り人の憧れでもあります。

島全体も歩いて2時間ほどですし、日間賀島にはパワースポットもありますので、
観光も兼ねて日間賀島に冬の釣行に行っても面白いかもしれませんね。

[adchord]

愛知の海釣りで冬のおすすめスポットを紹介しますのまとめ

愛理の海釣りで冬のおすすめスポットはおわかりいただけたでしょうか?

前提として、冬は海釣りのシーズンではありません。

ですので、魚を釣るという点では大変かもしれませんが、
それでも根魚などを狙うことはできます。

愛知には根魚を狙えるスポットが多くあります。

整備された漁港は穴釣りやヘチ釣りがしやすいので、
そのような場所で、根魚を狙うのが良いでしょう。

また魚影の濃い、日間賀島に行ってしまうというのもありです。

その場合、アクセスは大変ですが、根魚に限らず何かしらの
魚を狙うことができるでしょう。

それぞれ好きな釣りなどもあるでしょうから、
これらに限らず、自分で冬の海釣りスポットを見つけてみてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
海釣りの釣り堀 愛知のおすすめスポット2選