愛知県の夜釣りポイントを釣り好きが紹介します

釣りって楽しいですよね。
特に夏のシーズンになると、夜の方が涼しく、
夏の夜にのんびりと夜釣りを楽しむなんてことができます。
そんな夜釣りですが、愛知県の夜釣りポイントはどこなのでしょうか?
ここでは愛知県の夜釣りポイントについて解説をしていきたいと思います。
[adchord]

愛知県の夜釣りポイント

愛知県の夜釣りポイントを釣り好きが紹介します

愛知県ですが、海に面しており、多くの釣りポイントがあります。

そして、夜釣りに最適なポイントも多く、数多くの釣果も上がっています。

そんな愛知県の夜釣りポイントを紹介していきたいと思います。

[adchord]

・名古屋港 金城埠頭緑地

こちらは名古屋港近くにある公園となっています。

夜には名古屋港やポートメッセなど、夜景を楽しむことができます。

そして公園ということで、街灯であったり、護岸も整備されており、
安全に夜釣りを楽しむことができます。

こちらの釣りスポットですが、
休日には多くのファミリーも訪れる釣りスポットとなっています。

夜釣りになるとシーズンになると太刀魚であったり、根魚狙いの人も多く訪れます。

・赤羽港

渥美半島にある赤羽港は海に延びている大きな堤防があり、人気の釣り場となっています。

投げ釣りであったりサビキ釣りであったり、一年を通して豊富な魚種を狙うことができるので、
人気の釣りポイントですね。

夜釣りでは、太刀魚であったり根魚、シーバスを狙うことができます。

・内海港

内海港は知多半島西部に位置をしている港です。

砂浜になっている箇所が多く、夏には投げ釣りでキス釣りが盛んとなっています。

夜釣りの場合、エギングの名所となっており、イカを釣ることができます。

特に堤防に片側はテトラポット帯になっており、
そこをうまく狙えばイカの釣果が上がるでしょう。

・大井漁港

知多半島の東側にある大きな港が大井漁港です。

漁港が広く、風も穏やかで釣りポイントも多いため、多くの釣り人が訪れます。

昼間の釣りでは紀州釣りと呼ばれる釣り方でクロダイを狙う方が多くいます。

夜釣りになると街灯が多いため、街灯に集まってきた小魚を狙ったり、
ルアーでシーバスを狙う方が多いです。

大きい港だからこそ、自分でポイント見つける面白さもありますね。

・豊川浄化センター埋立地

豊川浄化センターは埋立地となっており、全体が釣りポイントとなっています。

夏のシーズンでは昼間にはちょい投げてキス釣りやサビキでの回遊魚を狙うことができます。

こちらは豊川と呼ばれる川も流れ込んでおり、そちらではハゼ釣りをすることができます。

そして河口近くでは夜にはシーバスもルアーで狙うことができるほか、
うなぎを狙うこともできます。

他にも夏には夜に仕掛けを落とすことでカニを獲ることもできます。

さまざまな釣りが楽しめるポイントとなっています。

・小鈴谷漁港

小鈴谷漁港は知多半島の西側に位置する漁港です。

水深がかなり浅いため、ハゼ釣りなどの小物釣りが盛んなポイントでエス。

また石などの障害物も多いため、夜釣りではそこを狙って根魚を釣ることもできます。

ただ水深が浅いため、干潮時には釣りをすることができません。

ですので、釣りに行く際にはタイドグラフを確認してから行くようにしましょう。

このように愛知県では夜釣りをできるポイントはたくさんあります。

もちろん今回紹介したポイント以外にも夜釣りポイントはたくさんあります。

ぜひ狙いによって最適なポイント見つけ、夜釣りを楽しんでくださいね。

[adchord]

夜釣りをする際の注意点

愛知県の夜釣りポイントを釣り好きが紹介します

夜釣りですが、昼間とは違って注意をしなくてはいけなことも多いです。

では続いて夜釣りをする際の注意点を解説していきます。

・ライトを持っていく

夜釣りの際に欠かせないのがライトです。

街灯がある場所ならまだしも、
街灯がない場所で釣りをする際にはライトがないとどうしようもありません。

またライトを準備する際には手持ちのものでなくヘッドライトにするようにしましょう。

釣りでは両手を使った作業をすることが多いので、
ヘッドライトを準備することで効率が上がりますよ。

・護岸やテトラポッドには登らない

夜釣りの際に人気のターゲットとなるのが根魚です。

根魚はヘチであったり、テトラポッドの隙間に潜んでいることが多く、
釣りをする際にはそこを狙って釣ります。

しかし、昼間ならまだしも、夜釣りの場合は暗く、
ライトがあったとしても足元が確認しにくいです。

万が一滑って転落をした際にも誰にも気付かれないなんてこともありますので、
夜釣りの際には危ない場所には入らないようにしましょう。

・ライフジャケットをつける

こちらは夜釣りに限らず釣りをする際のマナーとなってます。

万が一海に転落をした場合、ライフジャケットをつけているかいないかでは大きく異なります。

釣りをする際には安全に配慮をしなければなりません。

自分の命を守るためにもライフジャケットは忘れず着用しましょう。

このようなルールやマナーを守って夜釣りを楽しんでくださいね。

[adchord]

愛知県の夜釣りポイントのまとめ

愛知県ですが、たくさんの夜釣りのポイントがあります。

これらのポイントによって釣れる魚も異なってくるので、
自分の好きなポイントを見つけるようにしてくださいね。

しかし、夜釣りは昼間に比べて危険性が増します。

安全に配慮をして、ルールやマナーを守った上で、夜釣りを楽しんでくださいね。