富士山登山は5歳児でも可能?

富士山っていいですよね。

日本一の山ということもあり、
登山にハマっていたら一度は登ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

その場合、できたらお子様と一緒に富士山には登りたいですよね。

しかし、富士山登山ですが5歳児ぐらいの小さい子供でも登れるのでしょうか?
ここでは富士山登山は5歳児でも可能かについて解説をしていきたいと思います。
[adchord]

富士山登山は5歳児でも可能?

富士山登山は5歳児でも可能

富士山登山ですが5歳児でも可能なのでしょうか?

結論から言えば、5歳児でも可能です。

[adchord]

富士山登山自体に年齢制限はないので、何歳から登るかは登山者の自己判断になります。

ただ富士山は日本一の標高を誇る山であり、登るのにも大人でも体力がいります。

子供ならなおさらですね。

ですので、登山熟練者の方が5歳児を連れ添って登山をするのなら安心ですが、
初心者通しで富士山登山をする場合は、小さいお子様を連れていくのは危険です。

その場合は、小学生に上がったぐらいからお子様を連れて行くことを検討しましょう。

5歳児を富士山登山に連れて行く場合、大人がしっかりリードをしてあげる必要があります。

そして大人が認識してなければならない注意点もあるので、それらを紹介していきます。

・日帰り登山はしない

富士山登山ですが、日帰り登山も可能です。

富士山ですが健脚の場合は、往復で9時間から10時間ほどになります。

ですので、早朝に出発をすれば、午後には十分に実は帰ってくることが可能です。

しかし、基本的には日帰り登山は登山熟練者が行うようにしましょう。

往復9時間から10時間といっても、登山初心者で山道や登山靴に慣れていない場合は、
足への負担も大きいです。

そして、そんな険しい道のりを5歳児に登らせているのは体力的にも危険です。

ですので、5歳児ぐらいを連れて行く場合、山小屋でしっかりと宿泊予定を立てた上で、
富士山登山を計画するようにしてください。

・高山病に気をつける

高山病とは血中の酸素濃度が低くなることで、息苦しさや気持ち悪さを感じる症状です。

この高山病は大人でも子供でも十分になりえます。

大人の場合は高山病というのも認識できるため、自己判断ができますが、
5歳児の場合は症状がうまく理解できなくて大人に伝えられなかったり、
無理して登山を続けてしまうこともあります。

そして高山病が悪化してから気がつくということもあり得ます。

高山病は最悪の場合、命にも関わる症状です。

しっかりとお子様にも注意を払った上で、登山を続けるようにしましょう。

・子供の意思を確認する

いくら自分が富士山登山をしたいからと言って子供が登山をしたいかどうかはわかりません。

小さい子供の場合、登山は楽しいイメージだけで、
長時間歩いたり高山病などのイメージはないでしょう。

ですので安易に富士山登山をしたいからといって、
お子様も一緒に登るというのはオススメしません。

登山の楽しさと同時に、辛さも危険性もしっかり説明した上で、
お子様に富士山登山がしたいかを確認するようにしましょう。

富士山登山は5歳児でも可能ではありますが、富士山登山をするにはかなり早い年齢です。

ですので、同行者である大人がしっかりとリードをしてあげて、
安全な登山を心がけるようにしてくださいね。

[adchord]

富士山登山で5歳児と行くときに必要なもの

富士山登山は5歳児でも可能

富士山登山ですが5歳児と行くときですが、必要なものはなんなのでしょうか?

続いて富士山登山で5歳児と行くときに必要なものを紹介したいと思います。

・登山靴

登山靴ですが、大人もそうですが子供にももちろん必需品です。

登山靴はソールが硬くなっており山道でも歩きやすいだけでなく、
足首が固定されているので、怪我を防止してくれます。

子供用の登山靴もあるので、
子供が歩いていて足を捻らないようにするためにもしっかり準備しておきましょう。

・帽子

登山ウエアとして欠かせないのが帽子ですね。

山は山頂に近いほど紫外線も強くなるので、帽子を準備した方がいいです。

また頭を保護するためにも帽子は便利です。

ぜひ準備しておきましょう。

・パルスオキシメーター

こちらは血中酸素濃度を測る機会です。

指先につけるだけで簡単に測れますし、ドラッグストアにも売っています。

高山病になると血中酸素濃度が下がりますので、
子供の場合は、定期的にパルスオキシメーターを使ってチェックをしてあげましょう。

・雨具

山の天気は非常に変わりやすいです。

また夏だからといって、
軽装で行くと山頂付近になると気温が下がって寒くなるということもよくあります。

ですので雨具やアウトドアジャケットは余分に準備をしておいて、
温度調節や天候変化に対応しておきましょう。

そのほかにも、食料やバッテリーなども当然準備をしておく必要があります。

大人がしっかりと登山に必要なものを用意することで、
子供を守ってあげてくださいね。

[adchord]

富士山登山は5歳児でも可能?のまとめ

富士山登山は5歳児でも可能かについてはお分かりになられたでしょうか?

富士山登山ですが、5歳児でも一応可能です。

ただそれでも登山をするには小さいので、
経験ある大人がしっかりとリードをしてあげなければなりません。

富士山登山ですが、子供と行く場合はしっかり準備をしておくものも多いです。

ぜひ大人が適切な準備対応をして、
子供と一緒に安全に富士山登山を楽しむようにしてくださいね。