「リサラーソン」益子陶器市出店情報

「リサラーソン」益子陶器市出店情報

益子の陶器市はご存知でしょうか?

益子は栃木県益子市を指し、この周辺は現代陶芸が盛んな地域となっています。

そんな益子では毎年2回益子陶器市が開かれ、合わせて60万人もの人が訪れます。

そして、その益子陶器市では海外で人気の陶芸家であるリサラーソンも出店しています。
ここではそんな益子陶器市やリサラーソンについて解説をしていきたいと思います。

Advertisement

リサラーソンの益子陶器市出店情報

「リサラーソン」益子陶器市出店情報

益子陶器市は毎年ゴールデンウィークと秋の年2回開催されます。

益子市で長年作られている伝統的な益子焼きから、現代風の可愛らしい焼き物、
日用品など様々なジャンルの陶器が一斉に並びます。

Advertisement

年2回の開催で合わせて60万人もの人が訪れることから、
いってみれば陶器のフェスのようなものですね!

益子陶器市が開催中の時は街全体が陶器に溢れ、テントの数としては500個を超えます。

直接陶器を焼いた職人さんとお話しをしながら自分の好きなものを買うことができるので、
楽しくお買い物をすることができますね。

そして陶器以外にも地元の特産品や名物なども売られていますので、
一挙に益子の楽しさを味わうことができます。

このように様々なお店がする益子陶器市ですが、
近年は海外で人気の陶芸家であるリサラーソンが出店をしています。

リサラーソンは1971年生まれのスウェーデン出身の陶芸家でありデザイナーです。

可愛らしい動物をモチーフにしたリサラーソンの陶器は普段使いにもいいですし、
インテリアにもぴったりです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sachii.77(@sachii.77)がシェアした投稿

リサラーソンは大阪万博の際に日本に訪れた際に、益子焼きに出会い、
益子焼きのファンになりました。

益子を拠点とする陶芸家である故濱田庄司氏と出会ったことも、
大きなきっかけになったそうですね。

そんなリサラーソンと益子陶器市の絆は深く、
近年はリサラーソンの陶器を特別出店してくれるだけでなく、
2017年には益子陶器市が開催100回を迎えたことにより、
記念の陶器も作られました。

陶器を通じて世界でつながっているというのはなんとも素敵ですね。

毎年というわけではありませんが、
リサラーソンのファンの方はぜひ見てみると良いでしょう。

益子陶器市ですがこのように基本は毎年野外形式で開催をしているのですが、
2020年はご時世の影響によりWEB開催となりました。

ネット上ですが、様々な陶芸家さんの作品が一堂に並んでおり、
それを見て買うことができるので、より気軽に参加ができるようになりました。

やはり本来は陶器市形式の方がより楽しめるかもしれませんが、
このような形でも開催してくれるのは嬉しいですよね。

このように陶器を隅から隅まで楽しめるのが益子陶器市です。

次回は2021年のGWになり、どのように開催をされるかは未定ではありますが、
陶器市でもネットでもぜひ興味がありましたら益子陶器市に参加してみてはいかがでしょうか?

Advertisement

益子陶器市を楽しむにはどうすればいい?

「リサラーソン」益子陶器市出店情報

益子陶器市ですが、開催をされた場合、普通に足を運んでももちろん楽しいです。

ただ野外フェスでは準備が大事と言いますように、
益子陶器市に行く際にはしっかり準備をしておくとより楽しむことができます。

では続いて益子陶器市の楽しむ方法について解説をしていきます。

・あらかじめマップで予習

益子陶器市は益子市全体が陶器市となるので、かなり広いです。

そして陶器市以外にも窯工場であったり、食事など見所もたくさんあります。

ゆっくりしていると1日で全て見ることは困難でしょう。

益子陶器市は事前に陶器市マップがネットでも配布されるので、
それを見て見たい陶芸家さんのルートを予習しておくと良いでしょう。

これはまさにフェスのような感じですね。

・大きめのバッグとタオルを準備していく

陶芸との出会いは一期一会です。

きっと益子陶器市を回っていると次から次へと素敵な作品と出会えることでしょう。

そんな素敵な焼き物を買っていると普通のバッグじゃ入り切らないこともあります。

ですので益子陶器市は大きなバッグを持っていくと良いでしょう。

加えて、せっかく買った焼き物が割れてしまわないように、タオルに包むと安全です。

・現金を持っていく

フェスや市場などの場合は支払いは現金のみのことが多いです。

普段カードやスマホで支払っている方は現金を持っていくようにしましょう。

そしてその際には小銭と合わせて多めに持っていくようにして、
お釣りが出ないように、そしてお金が足りなくならないようにしてくださいね。

このように益子陶器市はまさにフェスやコミケのように、
しっかりと準備をすることでより楽しく回ります。

そうはいってももちろんフェスやコミケのように
身動きが取れないほど人が溢れることはないのでゆっくり陶器を見ながら歩くことができます。

ぜひ益子陶器市を楽しんでくださいね。

Advertisement

リサラーソンの益子陶器市出店情報のまとめ

益子陶器市やリサラーソンについてはお分かりになられたでしょうか?

益子陶器市は益子市が町をあげて開催する陶器のフェスのようなものです。

そして、益子陶器市には世界的な人気陶芸家であるリサラーソンも参加することがあります。

益子陶器市はしっかり準備をすることでより楽しむことができます。

ぜひ2021年に益子陶器市が開催されましたら、訪れてみてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
⇒⇒二階堂明弘の益子陶器市出店情報

国内旅行カテゴリの最新記事